「設計書」の閲覧方法について

近畿地方整備局では「工事、業務設計書(当初分)」を、下記の方法にて閲覧及びコピーすることができる行政サービスを実施しております。(※郵送での対応はできません。)

①セルフコピー
 対象:平成24年4月~平成30年12月契約工事(※一度開示決定されたものに限る)
 情報公開室内備付けのパソコンにて閲覧及びCD-R等へのコピーが可能です。
  ※セルフコピーデータリストの更新は平成30年12月をもって終了しました。 → リストはこちら

<閲覧及び提供方法>
  1. 申請書を記載の上、情報公開窓口に提出してください。
     ◇申請書の様式はこちら
  2. ご自身で持参された新品のCD-R、又はDVD-Rへのセルフコピー方式となります(無料)。備付けのコピー手順にしたがって作業を行ってください。
セキュリティの関係から他の機器で使用されたCD-R等、USBメモリはご遠慮願います。受付時に確認させていただきます。  

1. 対象となる工事設計書

一度開示決定した工事設計書(当初契約・全部開示のみ)
※ただし、平成23年度以前に発注された工事は除きます。
(掲載範囲)
  ◇道路・河川・機械・電通工事は「設計内訳書」(鏡から参考資料まで)
  ◇営繕工事は「予定価格積算内訳書」(表紙から細目別内訳書まで)

2.その他

  1. 対象外案件については、従来どおり情報公開法に基づく情報公開請求手続きを行っていただくことになります。
  2. 一旦開示請求をされた工事設計書をセルフコピー提供に切り替えることは不可とさせていただきます。
  3. コピー終了後、コピーされた内容を確認させていただくことがあります。申請された工事設計書以外のコピーはご遠慮ください。
  4. 国土交通省以外の者の権利を含む場合があるため、ダウンロードを行った個人又は法人における一次利用に限るものとし、有償無償に関わらず、「第三者への提供行為」を行わないようお願いします。


②インターネット(専用サイト)から閲覧・コピー
  対象:平成29年4月~令和3年3月契約工事及び業務
 (※一度開示決定されたものに限ります。 ※令和3年4月以降については随時更新予定です。)
  詳しくは、担当課(情報公開室)へお問い合わせください。


③近畿地方整備局ホームページから閲覧・コピー
  
  *近畿地方整備局ホームページでは、下記の場所において当初設計書を一律公表しています。
      → 設計書の公表について 
   工事:令和2年4月以降契約分から掲載開始  業務:令和3年4月以降契約分から掲載開始

    ※こちらでの公表は契約から2年間を予定しています。
    この頁は情報公開室の運営するものではありません。