近畿インフラDX 新着情報

「インフラDXコンペ」について

近畿地方整備局ではインフラ分野のDXに活用できる優れた技術を発掘し、技術開発を促進することを目的に「インフラDXコンペ」を令和4年11月9日実施しました。
※クリックでインフラDX推進センターHPへリンクします。

インフラDX研修

※令和4年度の研修については、こちらです。
【e-ラーニング】
e-ラーニング学習はインターネット等を利用した学習形態のことで、ネット環境があれば、好きな時間、好きな場所で学習することができます。

建設技術紹介動画

提供いただいた動画は、近畿インフラDX推進センターの利用者が閲覧できるように放映し、公式Youtubeでも公開します。
建設技術の紹介動画を募集しています!
 新技術の普及・活用促進を図り、i-Constructionを深化させることを目的として、建設技術を紹介する動画を随時募集しています。
 詳しくは、下記ホームページをご確認ください。
 https://www.kkr.mlit.go.jp/kingi/tech/netis/movie.html

近畿インフラDX通信

DX通信は、インフラDXの取組事例や近畿インフラDX推進センターでの研修情報を発信していきます。
※クリックでインフラDX推進センターHPへリンクします。

【近畿インフラDX推進センター 見学受付】

【近畿インフラDX推進センター紹介】

近畿インフラDX推進センターの施設紹介を配信しています。

近畿インフラDX推進の取り組み

【インフラ分野のDX】
様々なインフラデータをデジタル化し、自由に活用できる環境が整うことにより、国民への様々なサービスの提供が可能となり、設計から維持管理が高度化するほか、業界、職員の働き方改革が進み、生産性向上に繋がります。近畿地方整備局では、これまで生産性向上として取り組んできたi-Constructionをより深化させるため、インフラDXを推進していきます。
  • 「行動」のDXのイラスト
    「行動」のDX
  • 「知識・経験」のDXの写真
    「知識・経験」のDX
  • 「モノ」のDXのイラスト
    「モノ」のDX

【インフラDX認定】

 インフラDX認定は業界のDXを活用した様々な技術による新3Kの取組の促進や地元建設会社におけるデジタル技術活用の人材育成とインフラDX等の普及促進を目的として設立した認定制度です。
■認定対象
  ICT施工を実践し継続的にインフラDXの取組を推進している建設会社とします。
■申請受付期間
  令和4年度の受付期間:令和4年12月5日~令和4年12月19日   
※令和4年度の申請受付は終了致しました。※

近畿地方インフラDX認定大賞(旧:近畿地方i-Construction大賞)

○国土交通省は、建設現場を魅力ある現場に変えていくために、「インフラDX」を推進しております。
○令和3年度に完成した近畿圏内の府県、政令市、市町村及び特殊法人等の発注するもので、有効性・先進性・波及性の観点において優れた実績をあげた工事・業務、地方公共団体の取組を表彰いたしました。
○令和4年度近畿地方インフラDX大賞(旧:近畿地方i-Construction大賞)として、特別優秀賞4者、優秀賞1者、優良賞3者が決定しました。

近畿地方整備局インフラDX推進本部

関連サイト